トップページ > 商品紹介 > みそ
豆みそ
米麹を混ぜる米みそに対し、蒸した大豆を全て豆麹にして塩を加え、発酵・熟成させた調味料です。味わいはコク深く、すっきりとした風味が特長です。歴史は古く、愛知では奈良時代から豆みそづくりが始まったといわれています。
盛田がつくる豆みそは旨みとコクはそのままに、酸味・苦みを抑え、まろやかな味わいが特長です。それは長年培った技術を用い、手間暇かけたみそづくりをしているからです。雑味が少なくやさしい味わいの豆みそは、はじめての方にもお勧めです。
一般的に米みそを煮たてると風味が落ちるといわれていますが、豆みそは煮込んでも香りの変化が少なく、コク深い風味をお楽しみいただけます。食材の中でも肉や魚介類との相性がよく、お互いの旨みを高め合うのでみそ煮込みうどんやみそカツのたれにぴったりです。
赤だし
赤だしは主に豆みそに米みそを合わせて仕立てるみそ汁のことをいい、もともと料亭などで供されていました。名前の由来は固めて刻んだ豆みそを布で包み、だし汁でゆすり出したものが赤茶色だったという説もあります。
盛田は第二次世界大戦後の昭和30年、料亭の料理人自らがみそをすり、豆みそと米みそを合わせていた「赤だし用みそ」を、ご家庭でも簡単にプロの味をお楽しみいただけるよう、「赤だしみそ」として日本で初めて商品化しました。
赤だしみそ汁はあさりやなめこなどの具材に、だしをたっぷりきかせることがお勧めです。また豆みそ同様になす・豆腐の田楽や中華料理のホイコーローだけでなく、料理にコクを出すための隠し味としても幅広くお使いいただけます。
みそ加工品
盛田の豆みそを多くの方に気軽に楽しんでもらいたいという想いから、どなたでも簡単に、手軽においしく、料理のバリエーションを広げられるよう工夫したみそシリーズです。みそ汁だけではなく、洋食・中華など様々なメニューへのアレンジが楽しめます。






盛田株式会社 本社所在地 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-7-34 電話番号 052-229-1600(代)
Copyright (c) Morita Co., Ltd. All Rights Reserverd.