トップページ > 知る・楽しむ > マルキン醤油記念館
国の有形文化財に登録された合掌造りの建物で、しょうゆ造りの歴史と製造方法を紹介、小豆島の名産品などを販売しています。
■ご挨拶

しょうゆソフトクリーム
しょうゆの香りただよう醤の郷(ひしおのさと)。ここは小豆島でも特にしょうゆや佃煮の工場が集まった地域で、つねに芳しい香りが漂っています。「マルキン醤油記念館」は創業80周年を記念して、大正初期に建てられた工場のひとつを資料館として改装、公開しました。諸味からしょうゆを搾り出す圧搾工場だったこの建物は、合掌造りとしては最大規模を誇るもので、1996年に国の有形文化財に登録されました。
記念館にはしょうゆの製造工程のパネルや、しょうゆ造りのために先人達が工夫を凝らしたさまざまな道具類を展示しています。小豆島にはたくさんの珍しいソフトクリームがありますが、その元祖である「しょうゆソフトクリーム」も、ここで販売しています。今では小豆島の名物のひとつとして、この「しょうゆソフトクリーム」を食べる目的で訪れる方もたくさんいらっしゃいます。このページをご覧の皆さまも、是非一度、醤の郷マルキン醤油記念館にお越し下さい。心よりお待ち申し上げております。
■展示
入口を入って正面には、醤の郷(ひしおのさと)の大きなロゴマークが入った垂れ幕があり、その右にマルキン醤油の歴史と、江戸~昭和初期に書かれた帳面などの文書を展示しています。その文字が読める人はかなりの古文書通です。
醤油ができるまで
古文書コーナーの奥左側には、しょうゆができるまでの工程をパネルで紹介しています。これを見ればしょうゆがどのようにして造られるのかがよく分かります。
大桶のトンネル(おおこがのトンネル)
創業時から実際にしょうゆ造りに使われていた大きな桶「大桶(おおこが)」をくり抜いたトンネル。今でもほのかにしょうゆの香りがします。この桶は30石(約5.4キロリットル)の諸味(もろみ)を造ることができ、その諸味からは5キロリットル近いしょうゆ(1リットルのペットボトルで約5千本)が搾られます。このトンネルをくぐり抜けると一気に100年前にタイムスリップ。おじいちゃんやおばあちゃんには懐かしい、古い道具を展示した「昔々のコーナー」です。
棒締式圧搾機(ぼうじめしきあっさくき)
1年から2年という長い時間をかけて熟成した諸味からしょうゆを搾り出す道具です。てこの原理を利用したもので、右下にある木枠の中に、袋に詰めた諸味を積み重ねます。そして積み重ねた袋の上に落とし蓋(おとしぶた)をして斜めに走る太い木の棒との間に枕木(まくらぎ) をかませます。

人形を使って昔の棒締式の圧搾機での作業を再現
麹室(こうじむろ)
昔から「一麹・二櫂(かい)・三火入」と伝えられ、しょうゆ造りの中で最も大事なのが、麹作り、二番目が櫂入れ (諸味をまぜる)三番目が火入(搾ったしょうゆを加熱して殺菌し、オリを出す)だと言われます。その最も大事な麹を作る部屋が麹室です。麹菌を順調に育てるには温度・湿度の管理、雑菌に汚染させないなど、現代においても非常に難しい技術が要求されます。 この部屋は窓ひとつをとっても段階的に開けられたり、風の流れが計算されていたりと昔の人達の経験と知恵によって様々な工夫が凝らされています。また、むしろを使って麹を作るなど、小豆島独自の技術も開発されました。
■施設
ショッピングコーナー
さて、しょうゆの勉強が終わったらお買い物はいかがでしょうか?さまざまなしょうゆ製品をはじめ、佃煮、そうめん、オリーブ製品など、小豆島の特産品がたくさんあります。ここでしか買えないこだわりのしょうゆもあります。

昔使用していた広告用ポスター
圧搾工場
マルキン醤油記念館に隣接する諸味圧搾工場があります。工場全体の見学はできませんが、この工場は二階のテラス部分から中を見ることができます。大きなプレス機(圧搾機)が、じわじわとしょうゆを搾っています。
天然醸造蔵 ギャラリーステージ
マルキン醤油記念館より徒歩3分の小豆島工場内4号天然醸造蔵には、蔵の内部を窓から覗くことのできるギャラリーステージが設置してあります。丸金醤油の創業当時に建てられた4号天然醸造蔵は、100年以上の歴史を持つ木桶仕込みのしょうゆの醸造蔵で、国の登録有形文化財にも指定されています。今でも現役でしょうゆを製造しており、運が良ければ作業風景が見られるかもしれません。
9:00~17:00まで無料開放していますので、お気軽にお立ち寄りください。

天然醸造蔵内部
■入場料
個人 :大人210円 小人100円
団体(15名以上) :大人160円 小人70円
身障者 :大人110円 小人70円
※各ホテル・旅行会社等から発行されております割引券を提示された場合は、券に表記された金額で ご入館できます。
※現在、工場見学は受付けておりません。ただし、隣接の圧搾工場及び天然醸造蔵は無料で見学できます。
■開館時間・休館日
期間 休館日 開館時間
7/20~8/31
10/16~11/30
無休 9:00~16:30
上記以外 10/15(秋祭りのため)
12/27~1/1(年末年始)
9:00~16:00
※1月4日~2月末の間、平日は記念館・物産館とも予約された方のみ開館いたします。
  なお、土・日・祝につきましては通常通り開館しております。
※災害等、やむを得ない理由で臨時休館することがあります。
■アクセス・お問い合わせ先
アクセス
・土庄港から車で30分
・池田港から車で20分
・草壁港から車で10分
・坂手港から車で 3分
・福田港から車で30分
・大部港から車で40分
・小豆島バス坂手線 丸金前下車すぐ
お問い合わせ先
〒761-4421
香川県小豆郡小豆島町苗羽甲1850
マルキン醤油記念館
電話 0879-82-0047
FAX 0879-82-6875
 


盛田株式会社 本社所在地 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-7-34 電話番号 052-229-1600(代)
Copyright (c) Morita Co., Ltd. All Rights Reserverd.